外部環境の変化を捉えた現場判断の重要性

【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.115

データ|2021年12月31日

  • twitter

 前回、仲介店舗の巡回時のチェックポイントについて論じた。今、「新型コロナウイルス禍が明けて変えること変えないこと」の指示や現場判断ができていない会社が多い。直前でぜひとも見直すべき点を論じる。

■感染リスク判断を継続か停止か

 さて、これまでコロナ感染リスク回避の観点から、仲介店舗では、ビニールのシールドやアルコール消毒、あるいは内見の自動車の車内除菌など、さまざまな感染対策をしてきた。一方で、国内の感染者の数は減り、かなり落ち着いてきている(11月末現在)。では、いつまでこの対策を続けるのか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ