ハワイでの賃貸経営の始め方

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.117

その他|2022年05月07日

  • twitter

 今回はハワイで不動産を所有し賃貸経営をする際の方法についてご説明いたします。ハワイに限らず米国で賃貸経営をすることで収入を得る場合、当然に確定申告をアメリカでもする必要がでてきます。

確定申告業務は米国の会計士に依頼

 まず、個人であれば、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS、日本でいう国税庁に相当する組織)にて、米国納税者番号(ITIN)を取得する必要があります。この番号を取得するまでに通常時であれば約2カ月から3カ月程度かかります。法人である場合は、連邦雇用番号(FEINもしくはEINといわれることが多い)を取得する必要があります。このように、IRSは納税者の申告・納税について、すべて納税者番号で管理しています。法人の場合もアメリカ合衆国内国歳入庁で、日本法人の米国支店登記も行う必要があり、こちらの手続きは英文の資料を提出したり、煩雑なケースが多く、米国の会計士(CPA)、および弁護士に依頼して取得することをお勧めします。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ