エスクロー開設後の手続き

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.116

その他|2022年05月06日

  • twitter

 ハワイからアロハ。今回は前回よりの続きです。

二重課税防ぐため米国でも確定申告

 エスクロー開設後、通常14日以内に、売主側が情報開示書、コンドミニアム約款書類、シロアリの検査報告書を買主に提出します。またインスペクションといって建物内の検査を行います。建物内検査において、修理箇所があった場合、売主は買主に対応しないといけません。その上で買主が問題ないとした場合、買主が内金をエスクロー口座に振り込みます。ちなみに、通常、金額合意後14日以内であれば、買主は無条件で白紙解約することが可能となります。また最後の引き渡し前の確認の際には上記修理箇所の工事完了および清掃会社による清掃やカーペット洗浄の手配を行います。最後の引き渡し登記の前に、エスクローの弁護士が作成した権利書(Deedといい、売主から買主に所有権と譲渡するための公的文書)の公証手続きを行います。公証手続きは、ハワイのエスクロー会社や日本の公証役場で署名することが可能です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『サチ ハワイのアロハ通信 記事一覧』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ