エスクロー開設後の手続き

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.116

その他|2022年05月06日

  • twitter

 ハワイからアロハ。今回は前回よりの続きです。

二重課税防ぐため米国でも確定申告

 エスクロー開設後、通常14日以内に、売主側が情報開示書、コンドミニアム約款書類、シロアリの検査報告書を買主に提出します。またインスペクションといって建物内の検査を行います。建物内検査において、修理箇所があった場合、売主は買主に対応しないといけません。その上で買主が問題ないとした場合、買主が内金をエスクロー口座に振り込みます。ちなみに、通常、金額合意後14日以内であれば、買主は無条件で白紙解約することが可能となります。また最後の引き渡し前の確認の際には上記修理箇所の工事完了および清掃会社による清掃やカーペット洗浄の手配を行います。最後の引き渡し登記の前に、エスクローの弁護士が作成した権利書(Deedといい、売主から買主に所有権と譲渡するための公的文書)の公証手続きを行います。公証手続きは、ハワイのエスクロー会社や日本の公証役場で署名することが可能です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ