入居審査では差別を厳格に禁止

【連載】サチ ハワイのアロハ通信

投資|2022年05月18日

  • twitter

 アロハ! ハワイからこんにちは。

 アメリカ住宅不動産を賃貸運用する際、オーナーの一番の関心事であり、管理会社(PM)の最大の腕の見せどころにテナント(入居者)の審査と選定があります。

 審査・選定作業には留意すべきことがあります。アメリカでは、不動産の賃貸取引の場面で起こり得る、あらゆる差別を厳しく禁じる法律がいくつかあります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『日米の工事見積もりの違いに注意』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ