入居審査では差別を厳格に禁止

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第140回

企業|2022年05月18日

  • twitter

 アロハ! ハワイからこんにちは。

 アメリカ住宅不動産を賃貸運用する際、オーナーの一番の関心事であり、管理会社(PM)の最大の腕の見せどころにテナント(入居者)の審査と選定があります。

 審査・選定作業には留意すべきことがあります。アメリカでは、不動産の賃貸取引の場面で起こり得る、あらゆる差別を厳しく禁じる法律がいくつかあります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『日米の工事見積もりの違いに注意』

検索

アクセスランキング

  1. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  2. 不動産広告10年ぶりの大改正、徒歩分数の距離表示規則改定【クローズアップ】

    不動産公正取引協議会連合会,公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

  3. 2023年、民泊参入規制緩和へ

    国土交通省

  4. 【解説】家賃減額、争点は妥当性の証明

    レオパレス21,東京カンテイ

  5. 賃貸に使えるペットも喜ぶ便利アイテム

    アクセルラボ,NEC,ウシヤマ電機,フロム工業,中西金属工業,Passage(パッセージ),アットホーム,LIFULL(ライフル)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ