都心単身者向け除き、家賃堅調

【連載】リクルートSUUMOデータで読み解く賃貸市場の最新事情

データ|2022年06月22日

  • twitter

 新型コロナウイルス禍を受けて、賃貸ユーザーが希望する家賃に変化はあったのか。今回は、1都3県のコロナ禍前(2020年1~3月)に消費者から問い合わせのあった物件の家賃の平均と、22年1~3月の平均を比較して、各エリア・間取り帯別の上昇率を調査した。上表の平均家賃は百の位を四捨五入して表示している。

 全体の傾向として、東京のシングルタイプを除いて反響家賃は1都3県のほとんどが上昇傾向にある。東京のシングルタイプは東京の市部ではプラス2.1%上昇しているのに対し、23区全体はマイナス1.4%、都心3区(千代田区、港区、中央区)はマイナス3.7%と都心に近づくにつれて反響のあった家賃が下落している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ペット可の選択が空室対策に効果』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ