ペット可の選択が空室対策に効果

【連載】リクルートSUUMOデータで読み解く賃貸市場の最新事情

データ|2022年05月26日

  • twitter

 最近、ペット共生型のコンセプト賃貸が増加しており、入居率も高いと聞く。今回は物件をペット可とすることが有効な空室対策になることと、その際の注意点についても紹介したい。

 リクルートが調査したペット飼育者の物件選びの傾向によると、ペット飼育者は物件探しから契約までの期間が平均30.7日で非飼育者の22.7日より8日長かった。平均賃料もペット飼育者が10万5847円で、非飼育者の8万8342円と比較して1万7505円も高かった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『子育て支援で明石市大躍進』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ