日本財託、オーナーアプリ開発

日本財託

ニュース|2022年09月25日

  • twitter

基幹システムと自動連携しており、情報は1日ごとに自動で更新

 投資用マンションの販売と賃貸管理を手がける日本財託(東京都新宿区)は1日、自社開発の「日本財託オーナーアプリ」の提供を開始した。オーナーは空室情報の確認や工事費の承認をアプリ上で行うことができる。

工事見積の承認や質問可能

 同アプリはスマートフォンから、保有物件の入居者募集、内覧申し込み状況の確認ができる。また、カレンダー上に、物件の解約日や契約日に加えて、内見件数なども記載される。さらに修繕費用の承認は、これまでオーナー専用サイトやメール、電話で確認していたが、アプリ上で行えるようになった。そのほか、送金明細の確認や契約書の閲覧なども可能だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『日本財託管理サービス、1年7000時間相当の業務を削減』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ