民法の基本原則【宅建試験解説】

【連載】2023年宅建試験まるかわり解説

管理・仲介業|2022年11月03日

  • twitter

Q.権利の主張が許されない場合もある?

A.濫用であれば許されません

 先週、2022年度の宅建試験が終了しました。合格予想点ギリギリの方は11月22日の合格発表までは落ち着かないと思いますが、ひとまず忘れて、通常の生活に戻りましょう。

 今週からは、23年度に向けた試験対策記事を連載致します。23年度の試験は、法改正点がとても多いので、できる限り、改正点に影響する最新の過去問題を例に解説したいと思います。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅ローン控除の改正点【宅建試験解説】』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ