シェアハウスとの複合施設

ジェクトワン,スぺリアル

その他|2023年03月06日

  • twitter

大きな扉と窓で入りやすい雰囲気となった外観

 小田急電鉄小田原線の祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩2分の場所にある「b.e.park(ビー・パーク)」は、1階が書店・ギャラリーを併設する飲食店、2~3階は全5部屋のシェアハウスから成る複合施設だ。

社宅だった物件を改装

 1962年に竣工したRC造の同物件。以前は企業の社宅として使われていた。だがその後20年間使用していなかった。その再生を手がけたのが空き家活用事業「アキサポ」を展開しているジェクトワン(東京都渋谷区)だ。企画・運営は遊休不動産再生事業を行うスぺリアル(東京都練馬区)が担っている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『物件再生、街づくりの目線必須【空き家問題に向き合う注目企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ