キーカフェ・ジャパン、鍵管理機能付きキーボックス

キーカフェ・ジャパン

商品|2023年08月08日

  • twitter

MS5(右)と拡張用キーボックス(左)

 鍵管理システム・キーボックスの開発を行うキーカフェ・ジャパン(東京都渋谷区)は2013年より、鍵をクラウドで管理できるキーボックス「Smartbox(スマートボックス)」を提供している。専用システムで鍵の所在や取り出し・返却履歴を詳細に把握しながら、鍵の受け渡しの無人化を実現する。

利用履歴を自動で記録

 使用開始時に、まず鍵と利用者を専用システムに登録。鍵にはNFC(近距離無線通信)チップ入りのキーホルダーを付けて、キーボックスからの鍵の出し入れを記録する。各利用者には、利用可能な鍵や受け取り方法、期限などの権限を細かく設定することができる。宿泊施設利用者などに利用期限付きの受け取り権限の付与も可能だ。

 鍵の受取時は、キーボックス下部のタッチパネルでアクセスコードを入力して、鍵が入ったキャビネットを開ける。アクセスコードは、専用システムからメールやショートメッセージサービス(SMS)を送って利用者に通知する。専用アプリ・ブラウザーを通じてキャビネットを解錠することも可能。

 23年6月9日時点で、全国200事業所以上で利用されている。民泊やホテル、オフィス、物流施設、社用車管理での利用が多い。賃貸住宅では、清掃などの協力事業者との鍵の受け渡しや、入居希望者のセルフ内見に利用する例がある。

 専用システムの利用料金は、キーボックスの設置が1カ所までの「ライトプラン」で月額1万990円。9本の鍵を収納できるキーボックス本体「MS5」の価格は22万9900円(いずれも税込み)だ。鍵の収納本数を増やす拡張用キーボックスも販売している。

(2023年8月7日38面に掲載)

おすすめ記事▶『Keiden、スマホ制御のキーボックス』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ