ティーケーピー、貸会議室・ホテルの稼働が好調

ティーケーピー

管理・仲介業|2023年11月16日

  • twitter

 貸会議室の管理や運営を行うティーケーピー(東京都新宿区)は10月12日、2024年2月期第2四半期の決算を発表した。累計売上高は177億5000万円(前年同期比30.8%減)。営業利益は27億5800万円(同43.1%増)の減収増益となった。

 2月に同社の関連会社だったシェアオフィス事業の企業を売却したことにより売上高は前期比で減少した。しかし、新型コロナウイルス感染症の5類移行などで貸会議室やホテルの稼働率が回復したことで、営業利益は大幅に増加した。

(2023年11月13日13面に掲載)

おすすめ記事▶『AVANTIA、住宅需要の低迷で減収』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ