承継者の意見汲んだ活用提案

【連載】CPM®がもたらす高い職業倫理とプロフェッショナルスキル 第101回

賃貸経営|2023年11月29日

  • twitter

CPMの知識活用 課題別の対応学ぶ

 不動産による運用のメリットには多くの種類があります。大きな三つの特徴として、①投資なのに借り入れ(他人資本)が使える②時間軸の長い投資である③比較的に手間がかからないということが挙げられます。

 一方、不動産は不労所得ではなく事業であり、経営です。経営とは意思決定であり、未来の収益が順風満帆なのか、または不安定になるのかは、今行う意思決定によって決まるのです。

 そうした意思決定をサポートし、健全な不動産経営に導くことを目指す能力を資格化したものがCPMという資格なのです。CPMではオーナーからの相談に適切に対処するための知識を体系的に学ぶことができます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『社会に好影響を与え続ける不動産事業』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ