フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

フジ住宅

その他|2024年02月27日

  • twitter

 関西圏で住宅分譲事業を手がけるフジ住宅(大阪府岸和田市)は、2024年3月期第3四半期の連結決算において売上高は842億8300万円(前年同期比2.8%減)、経常利益は41億8300万円(同8.0%減)だった。中古住宅の再販を行う住宅流通事業で販売価格の見直しを行ったことにより減収減益となった。

 3月期末までに、個人投資家向けの賃貸アパートの引き渡しが集中することから、通期予想は売上高が1200億円(同4.8%増)、経常利益は60億円(同4.5%増)を見込む。

(2024年2月26日13面に掲載)

おすすめ記事▶『野村不動産ホールディングス、収益不動産の売却収入が好調』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ