SI被害者同盟がスルガ銀行と初交渉

スルガ銀行不正融資被害者同盟

その他|2021年08月20日

  • twitter

SI被害弁護団は交渉後に会見を開いた

 スルガ銀行不正融資被害者同盟(以下、SI被害者同盟)およびスルガ銀行不正融資被害弁護団(以下、SI被害弁護団)は、スルガ銀行との初交渉を13日に行った。今後は、双方の弁護団同士で協議を重ね、解決策を模索していく。

不正行為の事実や家主の苦境訴える

 SI被害者同盟は、スルガ銀行の不正融資によりアパートやマンションを本来よりも高額で購入することになったとして、収益不動産の代物弁済相当の対応を求める家主らによる団体。同団体が、スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団の団長を務めるさくら共同法律事務所(東京都新宿区)の河合弘之弁護士や東京共同法律事務所(同)の山口広弁護士らに協力を依頼し、SI被害弁護団が結成された。13日時点で、同弁護団にはオーナー334人から交渉委任の依頼が寄せられている。対象物件は582棟、融資額は約742億円に上る見込み。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ