投資用ZEH物件の開発加速【クローズアップ】

エスリード,フィリックス,COLORS(カラーズ)

投資|2023年04月13日

  • twitter

国内初のZEH Orientedの投資用ワンルームマンションであるエスリード神戸大倉山ヒルズ

 投資用ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)マンションの開発に取り組むデベロッパーが増えている。2030年までに住宅のZEH基準を標準化するという国の目標に対応して、各社が動き出している状況だ。投資用ZEH物件を手がける3社に現状と今後の方針を聞いた。

相場より賃料高くとも満室

1カ月早く完売

 投資用ワンルームマンションでは国内初となるZEH Oriented(ゼッチオリエンテッド)仕様の物件を1月に竣工したのがエスリード(大阪市)だ。ZEH Orientedとは、住戸ごとに一次消費エネルギーを20%以上削減した住宅の基準のこと。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『平田不動産、新築戸建ての企画を開始』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ