【トップインタビュー】アーバネットコーポレーション、投資用マンション初のZEH認証

アーバネットコーポレーション

企業|2022年04月29日

  • twitter

アーバネットコーポレーション 東京都千代田区 服部 信治 社長(71)

 収益不動産の開発を行うアーバネットコーポレーション(東京都千代田区)は業界初となるZEH仕様の投資用マンションの開発を2021年12月に発表し、3月に認証を得た。同社の服部信治社長に、今後の展開を聞いた。

全開発物件での標準化目指す

銀行と提携し金利優遇

 今回、同社が認証を取得したZEH仕様の投資用マンションは、東京都練馬区に立地し、RC造地上4階建てで全36戸。専有面積は25~40㎡、間取りはワンルームと1LDKだ。23年2月竣工予定で、販売開始は22年末を計画する。ZEH仕様にするために増える建築コストの負担は、オリックス銀行(東京都港区)との提携により、開発を担う同社は事業資金の借入時の金利が0.1%優遇される。また、購入する個人投資家の場合は0.05%優遇される。この優遇金利により、従来の物件と同程度の返済額で購入できる予定だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大成有楽不動産、初のZEH認証賃貸』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ