ランドネット、第1号ファンドの募集開始

ランドネット

投資|2024年02月10日

  • twitter

家族向け区分賃貸を対象に

 中古区分マンションの買い取り再販事業を主力とするランドネット(東京都豊島区)は12日、不動産特定共同事業法に基づく第1号ファンドの募集を開始した。不動産小口化事業に参入し、新たな投資家層の獲得を目指す。

 ファンド名は「LSEED(エルシード)」。表面利回りは3%程度で、一口1万円から出資が可能だ。運用期間は1~5年を予定し、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)や地方都市のファミリー向け物件をメインとする。調達した資金は物件の取得金額として活用する。優先劣後出資を採用し、10~30%は同社が劣後出資を行う。

東京都大田区の物件

ランドネットは3戸の区分マンションを第1号ファンドとして組成した。写真は東京都大田区の物件

 今回は、3戸の区分マンションをまとめて第1号ファンドとして組成。3戸はそれぞれ東京都、神奈川県、埼玉県にある50~65㎡ほどの3DK、3LDKの住戸だ。募集金額は4868万円で、運用期間は3年。

 同社の主事業である中古区分マンション売買のメイン顧客は、40~60代の投資家だ。不動産小口化事業では、小額から出資できることから代など若い世代のニーズをつかめると期待する。いずれワンルームマンション投資や一棟アパート投資につなげたい考えだ。

 「募集金額や規模を拡大しつつ、足元では月1件のファンド組成を目指していく」(榮章博社長)

ランドネット 榮章博社長

ランドネット
東京都豊島区
榮章博社長(63)

 

(2024年2月12日2面に掲載)

おすすめ記事▶『ランドネット、販管費増加で経常利益減』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ