青木ハウジング、管理物件2554戸 5年で倍増【注目企業インタビュー】

青木ハウジング

インタビュー|2023年10月03日

  • twitter

 神奈川県横浜市のJR横浜線中山駅周辺を主な商圏とする青木ハウジング(神奈川県横浜市) は、賃貸住宅の管理事業をメインに展開。賃貸管理戸数を5年間で2倍の2554戸まで増やした。ブランディングに注力することで、管理受託の営業担当者を置かずに管理戸数を伸ばす独自路線を行く。青木博昭社長に、事業成長のポイントと注力する取り組みについて聞いた。

ブランディングが奏効

イメージ戦略注力 受託営業せず成長

 青木ハウジングは、企業ブランディングを重視した活動により、オーナーや地主に対して管理受託営業を行わずに管理戸数を伸ばす。

 売上高は非開示だが、2022年の年間の売上高は、18年と比較して2倍になった。従業員1人あたりの粗利益の目安は年間1500万円とする。

 売り上げの事業別構成比は、賃貸管理が約35%、リフォームが約30%、賃貸・売買仲介が約30%、オーナーに向けたコンサルティングが約5%となっている。コンサルティングとは、主に銀行との金利交渉や相続に関するアドバイス、空室対策など、オーナーの困りごとに青木社長が解決まで付き添うサービスだ。全従業員数は17人で、ほぼ全員が賃貸管理に携わっている。

 主な商圏は、横浜市にあるJR横浜線と横浜市営地下鉄グリーンラインの2路線がある中山駅周辺エリアだ。都心部や横浜駅などに勤務する会社員のベッドタウンであるほか、農業を営む地主も多く住んでいる。

 管理を受託するオーナーは地主系が約9割、投資家系が約1割となっている。

青木ハウジングの外観写真

青木ハウジングの外観

セミナーで講師 地元家主から反響

 売上高の柱の一つである賃貸管理事業では、管理戸数を5年間で約2倍の2554戸に増やした。平均年間200戸のペースで管理を伸ばしている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『神崎建設工業、宮崎で建築事業 年商45億円【注目企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ