仲介業務デジタル化で管理物件の申し込み数3倍に

アルフハウジング

管理・仲介業|2023年10月04日

  • twitter

本社外観

コロナ禍契機にDX化 契約書作成は1通15分に

 注文住宅の建築や不動産の売買、賃貸管理を手がけるアルフハウジング(岐阜県可児市)は、業務効率化のため賃貸仲介・管理業務のデジタル化を推進。顧客管理システムの追客機能を生かすことで、管理物件の申込件数が1年で3倍になった。

 同社が賃貸仲介・管理業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に着手したのは、2020年夏ごろから。

 まず、賃貸仲介におけるウェブ集客業務を効率化した。イタンジ(東京都港区)が提供する、不動産事業者間物件流通サイト「ITANDI(イタンジ) BB」と、3Films(スリーフィルムス:同)の物件情報のコンバートシステム「3之助CLOUD(クラウド)」を採用した。

 ITANDI BBを利用し始めた当初は、ほかで利用するシステムとの連携ができず、物件情報をすべて手入力していた。そのため掲載する物件情報が最低限になってしまっていたという。人手を介さずウェブの情報を充実させるため、ポータルサイト、ITANDI BBすべてにデータをコンバートできる3之助CLOUDを新たに導入。最新の物件情報を自動で掲載できるようになったため、ITANDI BB上でも物件写真がポータルサイトと同じ点数、およびクオリティーとなり、情報の充実度が高まった。これにより、近隣の仲介会社からの申し込みが増加した。

 さらに反響後の追客については、イタンジの「nomad cloud(ノマドクラウド)」の追客機能を活用。物件を検討中の顧客に、類似物件の自動提案ができるようにした。人手を増やさずとも、顧客ごとに成約しやすい物件を紹介できるようになり、管理物件の申込件数が大幅に増加した。21年8月~22年7月の申込件数は54件だったのに対し、22年8月~23年7月は156件と約3倍になった。自社付け率は約30%から約60%に高まっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『社会貢献度の高さ訴求 DX人材の採用につながる』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ