新たに6棟の不備発覚、国が施工不備アパートオーナーに建物点検指導

則武地所

ニュース|2021年06月16日

  • twitter

 国の指示の下、特定行政庁が調査を行う則武地所施工のアパートは事件の物件も含め166棟。木造2階建て以上で外階段がついている物件が対象となる。

 本紙の独自取材では、八王子市で5棟、神奈川県厚木市で1棟、アパートの施工不備が見つかった。

 厚木市で調査対象となった物件は16棟あり、目視で劣化や腐食がないかの確認を行った。そのうち1棟では、2階と3階の階段の踊り場の裏側で、明らかにボードが1枚不足した状態で施工されていた。厚木市は、調査の内容を物件の管理会社に報告し、オーナーに建物点検と入居者への通知を行うよう依頼をしたという。八王子市の施工不備内容は非開示。

 調査対象が62棟あった相模原市では、全棟の調査を完了した。目視での確認では問題がなかったが、内部の腐食が起きている可能性なども踏まえ、オーナーに点検をするように注意喚起を行った。5月31日までをめどに各行政庁から国土交通省に調査の内容を報告する。

 だが、則武地所のアパート施工不備問題は、さらに広がっていきそうだ。13日に横浜地方裁判所相模原支部に自己破産の申請を行った同社は、17日に行政庁に、同社が施工し劣化が見られる賃貸住宅57件についての報告書を提出した。

 「まだ詳細は把握しきれていないが、166棟の調査がまとまりしだい、57件の物件の調査も管轄行政庁に依頼していく予定」(国交省担当者)

 

次は▶166棟のオーナーらに建物点検指導、2、3階建てで点検費用10万円目安

1][2][3][4][5][6

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

  4. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  5. アパマン爆発事故、和解成立

    アパマンショップリーシング北海道, 北海道合同法律事務所

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ