ザ・ハウス、月あたり688円で入居者見守り

ザ・ハウス

商品|2023年01月16日

  • twitter

入居者は、届いたメッセージ内のURLをクリックして応答する

 「アクティブな高齢者の部屋探しを支援する」をコンセプトに見守りサービスを展開するザ・ハウス(東京都渋谷区)。2022年3月から提供を開始した「ひとり暮らし安心プラス」は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を使って入居者の安否を確認するサービスだ。家主や管理会社の不安を抑制し、高齢者が賃貸住宅に入居しやすい状況をつくるために開発した。

契約解除の手続きも代行

 サービスは「備え」と「対処」の二つの軸で構成されている。備えとなる日常的な安否確認は、SMSを使って行う。送信頻度は年齢によって設定しており、65歳未満は週1回、74歳までは5日に1回、75歳以上は3日に1回。安否確認以外にも3カ月に1回を目安に、認知症の兆候がないかを確認するための質問を送る。いずれも、入居者から返信がなかったり、回答内容に異常を感じたりしたときは、サービス契約時に登録を必須としている緊急連絡先に連絡する。連絡が取れない場合は、地域の支援センターに現地確認を依頼する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ザ・ハウス、単身高齢者の入居リスクを抑制』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ