AIが周辺の満室物件と比較したデータ開示

商品・サービス|2019年08月21日

  • twitter

RESA(北海道札幌市)芝哲也CEO(47)

RESA、具体的な空室対策を提案する分析ツール提供

 空室対策のデータ提供を行うRESA(リーサ:札幌市)が6日、どのような設備や仕様の導入で成約の可能性が高まるかを分析する『満室ナビ』の提供を開始した。

 同サービスは空室解消を提案したい管理会社や家賃を上昇させたい家主に向け開発した。物件の立地や広さなどの情報を入力すると、近いエリアで満室経営をしている賃貸物件との違いをAIが比較。128項目から計算した結果を提示する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. コロナ下でも盛況!賃貸住宅フェア2021in東京 イベントレポート~前編~

    スマサポ, 絆ジャパン, 双日, 日本エイジェント

  3. 投資に不動産デジタル証券化の新手法が登場

    ケネディクス, 三井物産デジタル・アセットマネジメント, 三菱UFJ信託銀行

  4. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・前編~

    セプト,レンタックス,長栄

  5. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・後編~

    ハウスセゾンエンタープライズ,トップハウス,ライブデザインマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ