大東建託、省エネ住宅のCO²削減量をクレジット化

大東建託, イエタス, 環境経済

その他|2022年01月25日

  • twitter

 大東建託(東京都港区)は、自社で販売・改修する省エネルギー住宅のCO²排出削減量を「J(ジェイ)-クレジット制度」を利用してクレジット化するプロジェクトを開発し、申請。13日にJ-クレジット制度承認委員会から承認・登録された。同制度の活用によって、省エネルギー住宅の新たな付加価値の創出と普及促進、CO²排出量の削減を図る。

売買や他事業への補填が可能に

 Jクレジットとは、国の認証制度で、事業を通じて温室効果ガスを削減した場合にその分をクレジットとして認めるというもの。このクレジットは、売買したり、企業の活動で発生したCO²の削減に充てたりすることができる。省エネルギー住宅の新築または省エネルギー住宅への改修を通じたCO²排出削減プロジェクトが、同制度にて承認・登録されたのは初。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大東建託、コロナによる意識変化調査実施』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ