フラットエージェンシー、店舗の1日貸しが好評

フラットエージェンシー

商品|2023年05月04日

  • twitter

 管理戸数7600戸超のフラットエージェンシー(京都市)は、地域住民向けに同社の所有する店舗を1日単位で貸し出している。直近1年間では、ほぼ毎日稼働しており好調だ。地域に根差した取り組みで会社の認知度向上を目指す。

地域住民に提供で接点増加

 同店舗は京都市営地下鉄北大路駅から徒歩15分の場所に位置する。広さは約330㎡だ。レンタルスペースが五つに分けられており、スペースによって料金が異なる。1日あたり2000〜6000円で貸し出している。

 2019年11月から開始し、これまでに計400組の利用があった。近隣に住む開業を検討する主婦や若者が、カフェの運営で利用することが多い。低価格で利用できる点が好評だという。予約はインターネットを通して行える。利用者のうちリピーターがほとんどで、リピート率は80%に及ぶ。

 同店舗は管理を受託するオーナーの所有物件を建て替えた。空室が1年間続いた4戸の住宅だ。吉田創一社長は「空室が続くと閑散とした雰囲気が周辺に漂ってしまう。治安が悪くなるきっかけとなることを危惧し、人が集まるような施設に変更した」と話す。

 月の売り上げは10万円前後と、収益性は高くはないものの、賃貸住宅以外で地域住民と接触する機会としている。

フラットエージェンシー 吉田創一社長の写真

フラットエージェンシー
京都市
吉田創一社長(45)

 

(2023年5月1・8日5面に掲載)

おすすめ記事▶『ブルーステージ、空室をレンタル空間に活用』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ