クルーズグループ、米国法人でインターン採用

クルーズグループ,クルーズ,クルーズハウジングコーポレーション

その他|2023年05月22日

  • twitter

米国にあるクルーズハウジングコーポレーションのオフィスの様子

 賃貸管理を手がけるクルーズ(名古屋市)を中核とするクルーズグループ(同)は、社会人向けインターンシップ制度を2021年から導入している。インターン生はグループ会社であるクルーズハウジングコーポレーション(米国テキサス州)で働きながら、現地の不動産知識や実用英語の習得を目指すことが可能だ。

不動産知識と実用英語習得へ

 期間は1年で、男女を問わず、20〜35歳までのビザ取得審査に必要とされる程度の英語力を持つ人を対象に募集。給与は月額2000ドルほど。住まいと車は同社が用意。ただし、ビザの取得に関わる費用と渡航費、保険代は自己負担となる。同社が提供する返済型の奨学金も利用可能だ。インターン生は21年に1期生が1人、22年に2期生1人の計2人が渡米した。23年は3期生として2人の採用を予定している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『福徳不動産、昇進に社内公募制導入』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ