リクルート、業務支援に攻勢

リクルート

管理・仲介業|2023年09月08日

  • twitter

 リクルート(東京都千代田区)は、不動産仲介会社向けの業務支援サービスの強化を急いでいる。

反響予測を点数化

 入居申し込みに関わる実務のオンライン化を進める。それとともに、業者間の物件流通サイトでは「SUUMO(スーモ)」のビッグデータを活用し、掲載物件への反響の可能性を可視化。また、オンライン申し込みなどの利用回数に応じてSUUMO上で特別露出枠を付与するなどの差別化を図り、利用社数の増加を狙う。

 同社が提供する業務支援サービスは「物確サポート・申込サポート by(バイ) SUUMO(以下、物確・申込サポート)」と、業者間物件流通サイト「会社間流通サイト by SUUMO(以下、会社間流通サイト)」の二つ。

 これまでポータルサイトの機能拡充に注力してきたが、2020年より業務支援サービスの提供・拡充に着手。プロダクト統括本部の賃貸プロダクトマネジメントユニット・宮下俊ユニット長は「長らくエンドユーザーの利用者数を伸ばすことに注力してきた。エンドユーザーが多いことが、業務支援サービスでの強みとなる」と話す。

 物確・申込サポートは、オンライン上で空室確認や入居申し込みなどを行うことができる。23年1月には家賃債務保証会社とシステム上で連携し、オンラインで審査が完了するようにした。8月21日時点で、自動連携できる家賃債務保証会社は6社で、今後も増やしていく予定だ。

 それと同時に、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入し、物確・申込サポート上で入力した入居者情報の、管理システム上への自動転記を可能にした。

 同様の機能を有する他社商品は複数ある。リクルートは後発となるが、SUUMOの強みを最大限に生かす。

 具体的には、物確・申込サポートの利用回数により、SUUMO上の「ピックアップ店舗」という特別露出枠で上位に物件を表示させる。

 さらに会社間流通サイトでは、9月13日に大規模なアップデートを予定する。過去にSUUMOに掲載された類似物件の反響数を基に、反響の可能性を点数化する。

 「不動産会社が接客に集中できるよう、事務作業やプロセスを効率化するサービスを提供していく」(宮下ユニット長)

(2023年9月11日9面に掲載)

おすすめ記事▶『ユーミーHD、定期報告で業務内容を透明化』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ