テレワーク対応の賃貸住宅、コロナ後の生活で問われる住宅の質

【連載】プロパティマネジメントで切り開く未来 第152回

その他|2021年11月12日

  • twitter

半畳ほどのスペースでも集中できる環境が必要だ

 日本における新型コロナウイルスワクチンの接種率(2回目以上が66.3%)は、あっという間にアメリカを抜き、多数の死者を出したイギリスやイタリアに並んでいる。そろそろこの「コロナ騒動」も終わりに近づいていると思う。個人的には「日本における」コロナへの対応は「騒ぎ過ぎ」だと思っているし、後世の日本人はこの2020~21年の2年間を検証して、「間違った対応をした時代」と総括することだろう。しかし、コロナのおかげでいいこともあった。われわれビジネスパーソンの「働き方」に大きな影響を与えたのだ。

在宅勤務に集中できる環境を重視へ

 「コロナ後」は「コロナ前」には戻らないのではないか。「テレワーク」が「できてしまう」ことがわかったのだ。特に都市圏のビジネスパーソンにとっては長い通勤時間がなくなることは歓迎である。テレワークとは「自宅」および「会社以外の場所」での勤務を指すが、「在宅での勤務」がメーンだと思う。毎日でなくても3分の1程度、つまり週1~2日、月に7日程度の在宅勤務が可能なだけでもうれしい。家族は喜ぶし、体も楽だ。通勤時間がそれほど長くない地方のビジネスパーソンにも徐々に浸透するのではないだろうか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『契約と解約の推移と解約理由、コロナ下で都心と郊外の需要が逆転』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ