三菱地所、高さ日本一のビルに賃貸住戸

三菱地所

その他|2023年10月13日

  • twitter

起工式に登壇した中島社長

 三菱地所(東京都千代田区)は9月27日、高層複合ビル「Torch Tower(トーチタワー)」の起工式を開いた。高さは約390mで、竣工は2028年3月末を予定する。完成すると日本一高いビルとなる。59~60階に、賃貸住戸を約50戸企画する。

ホテルとの連携も検討

 同ビルの開発は、JR山手線など複数路線が乗り入れる東京駅周辺約3.1haに及ぶ大規模複合再開発「大手町連鎖型都市再生プロジェクト」の第4次事業だ。10年間で4棟のビル開発を進め、Torch Towerが4棟目にあたる。

 ビル名のTorchは「たいまつ」を意味し、「日本、そして東京の未来を明るく灯(とも)したい」という思いを込めた。商業施設、オフィス、ホテル、賃貸住宅といった多種多様な機能を持たせることで、幅広い層の人々が集う拠点を目指していく。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『三菱地所とエアビー、包括連携』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ