シエルトパートナー、受託数1800戸 3年で1000戸超増【成長企業インタビュー】

シエルトパートナー,イタンジ

インタビュー|2023年10月24日

  • twitter

 管理戸数1800戸のシエルトパートナー(東京都港区)は、2020年に山本勝也氏が社長に就任してから3年間で管理戸数を1000戸以上伸ばし拡大を続ける。「オーダーメイドの管理」を方針に掲げ、オーナーの要望に最大限応える。成長を可能にした管理事業の取り組みと、社内体制の構築について、山本社長に取材した。

家主の要望に柔軟対応

1戸1000円で管理 投資家がメイン

 シエルトパートナーは賃貸管理専業で、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)をメイン商圏とする。売上高(非開示)のうち、賃貸管理手数料とBM(ビルマネジメント)に関する売り上げが28%と最多だ。次に管理物件へのリーシング時にオーナーから受け取る手数料が22%と続く。更新手数料が20%、修繕関連の手数料が20%、原状回復工事の手数料が10%という内訳だ。管理手数料は1戸あたり1000円の定額制を導入する。

 管理を受託するオーナー数は300人以上で、ほぼ投資家系だ。

シエルトパートナーの会社データ

 従業員数は社員が11人、パート・アルバイトスタッフが2人。山本社長と社員1人が管理受託営業や、受託契約などを行う。そのほかは、入居者対応などのバックオフィス業務を担当する。

口コミ経由40% 商圏外でも拒まず

 同社は20年5月に山本社長がトップに就任して以降、拡大路線をとる。20年2月末時点で596戸だった管理戸数は、3年間で1013戸増え、23年2月末には1609戸になった。23年9月末時点の管理戸数は1800戸だ。既存オーナーの評価を得られていることが、新たな管理受託につながっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『シエルトパートナー、意思疎通の円滑化で工期短縮』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ