アイオ産業、賃貸向けキッチン、新発売

アイオ産業

商品|2023年11月11日

  • twitter

配管をむき出しにしたシンプルなデザインを採用(TKシリーズ)

 住宅設備機器メーカーのアイオ産業(東京都練馬区)は、12月1日より新商品となるキッチン「TKシリーズ」と「mio(ミオ)シリーズ」の販売を開始する。

デザイン性を重視

 TKシリーズは配管などをむき出しにしてビンテージ感を演出する「インダストリアルスタイル」を採用。シンクとカウンターのみのシンプルな構成だ。カウンターには、キッチンでは珍しい木目調の人工大理石を用いた。オプションとなるキャスター付きの収納ワゴンやレンジフードも、黒を基調としたラインアップとなっている。普段料理をしない単身者向けのワンルームや店舗、オフィスなどでの利用を想定する。

 mioシリーズは、白系の配色を採用したセクショナルキッチンだ。流し台とコンロなどが独立したセクショナルキッチンは、賃貸住宅で広く使用されるが、デザイン面のバリエーションが少ない製品が多い。mioシリーズは、女性の開発担当者が「自分だったらこういうキッチンを使いたい」という思いを基にデザイン性にこだわって開発した。白を基調とした天板や扉でも映えるよう、3種類の取っ手を用意。オプションで、キッチンの側面部分などに設置することができる収納家具「mioシェルフ」も販売する。

mioシリーズ

mioシェルフを併せて設置することで収納力もアップできるmioシリーズ

 開発に携わった広報室の中村有希室長代理は「どちらも当社の主力商品と比べると高価格帯にはなるが、幅広い需要を取り込めるよう開発した。賃貸住宅におけるキッチンの新たな選択肢として検討してもらいたい」と話す。

(2023年11月13日9面に掲載)

おすすめ記事▶『取っ手なくしシンプルさ追求【賃貸向けキッチン】』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ