Cowalking、街歩きで物件周辺の魅力発見

Cowalking(コウォーキング),興和地所

商品|2023年11月21日

  • twitter

 「収納が多くない物件なので、物を所有しない暮らし方を提案しませんか。徒歩3分の場所にカーシェアリングサービスの拠点もあります」。街歩きで物件の魅力の再発見を支援するCowalking(コウォーキング:東京都港区)の篠田洋江社長は、東京・白金台の賃貸マンションを保有する不動産会社にこんな提案をした。

入居者の暮らし方を提案

 Cowalkingでは、部屋探しの際に役立つ物件周辺の情報をオーナーや不動産会社に提供する「周辺環境リサーチ」を展開している。入居者目線で当該地域を実際に歩き、訴求方法の提案をレポートや手描きの地図にまとめて募集に役立てるものだ。

 マンションの賃貸を行う興和地所(愛知県名古屋市)は9月、所有する物件の立地面での魅力を見いだせずにいたため、Cowalkingに街歩きの同行を依頼。駅からの道や公園のように使える野球場、カーシェアリングサービスの拠点などを、物件の管理会社も含めて3社で見て回り、「木が茂って寂しいといわれがちな駅からの道は、木漏れ日の散歩道になる」といった気付きを得た。その後この環境にはどんな人がどのように住むことができるのかを協議。「シェアリングなどに抵抗のない30代単身者」という入居者ターゲットと、「センスよく暮らす」というコンセプトを決めた。

 興和地所はこれに合わせて募集広告の写真や文章を修正し、10月19日時点では反響の有無など効果を測定している。興和地所東京支店営業第三部の那須英司部長は「周辺環境の細部を徹底した入居者目線で拾うことで、物件の魅力に気付くことができた」と話す。

 Cowalkingの篠田社長はこれまでに9回の転居を経験。その都度、引っ越し先のエリアを歩いて調査して住居を決めてきた。「物件の価値向上に努めるオーナー・管理会社と、暮らしにこだわる入居者をつなぎたい」と同サービスを始めた理由を語る。

 料金は支援内容や納品物により異なり、7万7000円(税込み)から。

篠田洋江社長写真

Cowalking
東京都港区
篠田洋江社長(48)

 

 

(2023年11月20日8面に掲載)

おすすめ記事▶『サマンサ・ホームステージング、家具付き物件の空間演出』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ