全開発物件にアートを設置 学生向けコンペも開催

アーバネットコーポレーション

投資|2023年11月22日

  • twitter

アーバネットコーポレーション 東京都千代田区 服部 信治 会長兼CEO(73)

 投資用不動産の開発を行うアーバネットコーポレーション(東京都千代田区)は、開発物件のエントランスホールにアート作品を設置している。学生限定で、設置するアート作品のコンペティション「ART MEETS ARCHITECTURE COMPETITION(アート・ミーツ・アーキテクチャー・コンペティション 以下、AAC)」を開催。受賞した学生の作品を物件に置くことで、物件の差別化とアーティスト支援を並行して進める。

 本格的に物件にアートを取り入れ始めたのは、初めて自社で投資用物件を企画・開発することになった2001年からだ。服部信治会長兼CEOは「日本の賃貸マンションは利便性が高いながらも狭くて小さく、毎日暮らす空間なのに、余裕や遊びがない。そこで、マンションのエントランスホールをミニ美術館のように造り込むことで、暮らしの中に豊かな感性を育む空間を提供できると考えた」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アーバネットコーポレーション、エントランスに近隣地図』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ