福島・双葉町の賃貸満室

管理・仲介業|2024年01月15日

  • twitter

双葉町に立つ物件外観

 東日本大震災による被害を受けた福島県双葉町の賃貸住宅が、満室で稼働している。

避難指示解除から1年半で

 「こんなに早く満室という状態にたどり着くとは思わなかった」と話すのは、同町で3棟7戸の賃貸住宅を所有する大沼勇治オーナー(茨城県古河市)だ。その3棟は2023年3月から入居を開始し、8カ月後の11月14日に満室となった。

 震災から間もなく13年を迎える。「30年は双葉町に帰れないと思っていた」という大沼オーナーにとって、町の復興状況と満室経営までの道のりは〝あっという間〟と感じるものだった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『震災12年、双葉町で賃貸稼働』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  4. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  5. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ