ARC研築、地域とつながり古民家活用へ

ARC研築

商品|2024年03月06日

  • twitter

工事完了時の2階の様子。壁を取り払い広いワンフロアに改修した

築65年の空き家をオフィスに

 内装設計やリフォーム工事を手がけるARC研築(大阪府茨木市)の村上貴信社長は、築古の空き家を活用することで、古民家の残るまちづくりに挑戦しようとしている。

 村上社長は大学卒業後ハウスメーカーで設計業務に従事し、2019年にARC研築を設立した。祖母が築90年ほどの住宅で暮らしていたため、村上社長は幼少期から古民家に親しんできた。就職時には古民家に関わりたいという志向は持っていなかったが、18年の大阪北部地震や台風で古民家がつぶれ、解体されていくのを目の当たりにしたときに衝撃を受けたという。

 「古民家は自分にとってはあって当たり前のものだった。それがなくなるかもしれないと認識したとき、設計をやってきた経歴を生かして古民家を残したいと考えるようになり、創業を決めた」(村上社長)

 現在は住宅や店舗の設計を手がけながら、築古物件のリノベーションを年に1、2件受注する。同社が耐震改修や古民家の構造に関する無料セミナーを主催したり、茨木市主催の子ども向けものづくりイベントの運営に協力したりすることで、地域とのつながりを構築している。

 23年10月には、築65年の空き家をリノベし、オフィスとして利用し始めた。阪急電鉄京都線茨木市駅から徒歩6分、茨木中央銀座商店街の並びに立つ木造2階建ての物件で、住宅として使われていた。もともと周辺の土地を所有する地主の所有だったが不動産会社に売却され、築古だったこともあり10年以上入居がないままだった。村上社長は使い手がいない古民家活用の事例にすることができればと考え、この物件をリノベ可の条件で借り、壁を取り払い、急勾配だった階段を付け替えるリノベを実施。2階はオフィスとして同社を含め4社が入居。1階は地域に開放するコミュニティースペースだ。テーブルを置いて近所の人たちの休憩所としているほか、今後はDIYイベントを開催したりすることを想定する。

 同物件のリノベでは、商店街に店を構える店主からエアコンやトイレを譲り受けるなど、住民とのつながりで費用を削減できた。村上社長は「空き家の活用には、借り手と貸し手の信頼関係が必要。借り手がどんな人で何をしようとしているのかを貸し手に聞いてもらえる関係性をつくり、両者をつなぐ役割を果たすために、地域での活動を続けていく」と語る。

村上貴信社長画像

ARC研築
大阪府茨木市
村上貴信社長(34)

 

(2024年3月4日8面に掲載)

おすすめ記事▶『御所まちづくり、築100年の長屋を賃貸に再生』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ