アイテム、アプリで高齢入居者を見守り

アイテム

商品|2021年11月25日

  • twitter

実際の利用画面。2択の質問に答えるだけなので高齢者にもわかりやすい

 通信サービス事業を行うアイテム(大阪市)は不動産会社へ高齢入居者向け管理アプリケーション「スケジュール型見守りアプリ ピースサイン」を12月から販売する。

災害時の緊急確認にも活用

 空室対策として有効な手立てとなる高齢者の入居は孤独死などのリスク対策が必要だ。ピースサインは高齢な入居者に特化したスマートフォン対応の見守りアプリ。入居者へアプリ画面上で安否確認を取る。管理会社はアプリ管理システムで、入居者の安否結果を自動で一括管理できる。安否結果が滞ったときにはじめて管理会社が対応するため、高齢者の入居リスクに対する早期対応や業務効率化が可能。災害時の緊急確認もアプリで入居者に通知できる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅工営、高齢者向け見守りサービス提供開始』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ