原状回復工事の過程を見直し

【連載】成功事例を大公開!賃貸管理研究所 第97回

管理・仲介業|2024年05月29日

  • twitter

無駄省き家主の満足度を向上

施工フロー効率化 14日以内が理想

 今回は、近年、賃貸管理会社が再び注目し始めている「退去(原状回復)業務の効率化・高速化」について話します。

 2020年ごろから現在にかけて、退去・原状回復の業務フローの見直しが各管理会社で活発化しています。

 その背景には、原状回復のガイドラインの制定やさまざまなデジタルツールの登場があります。退去連絡をウェブで受け付けたり、立ち会い業務を廃止するなど、業務方法は近年大きく変化しています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『分業は「ワンチーム」化がカギ』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ