旭化成建材・ノダ・オーシカ、木造用遮音工法 3社で提供

旭化成建材,ノダ,オーシカ

商品|2024年06月11日

  • twitter

SH-AONの模型

 木造賃貸住宅の建築において、音の問題はクリアすべき課題の一つだ。軽量気泡コンクリート(ALC)メーカーの旭化成建材(東京都千代田区)、木質建材メーカーのノダ(東京都台東区)、接着剤メーカーのオーシカ(東京都板橋区)は、各社の商品の組み合わせにより開発した木造建築用の遮音工法を提案している。

床材組み合わせ、生活音対策

仕上げ材じか貼り 施工の手間低減

 3社が提供するのは、ALC薄形パネル「ユカテック」と、防音フローリング「カナエルC防音45」を、木質床材用接着剤「セレクティUR-145」で貼り合わせた木造遮音工法「SH-AON(シャーオン)」だ。

 ユカテックは、旭化成建材が製造・販売するALC薄形パネルを使用した木造建築用の遮音・防火床下地材。子どもが走り回る音のような重量床衝撃音の低減化に優れる。

 ユカテックの上に仕上げ材として施工するのが、ノダが提供するカナエルC防音45だ。同製品を施工することで、スプーンを落とした際の金属音のような軽量床衝撃音を低減する。

 オーシカのセレクティUR-145を利用することによりユカテックへのじか貼りが可能で、合板を間に挟む場合に比べて施工の手間や材料費を削減することができる。階下への防音対策として多く採用される強化石こうボードを2枚重ねにする方法に比べて軽量で、建材置き場の確保も容易である。

 3社が製品を組み合わせるという提案を始めたのは2020年だ。旭化成建材がユカテックの上にじか貼りできるフローリングと接着剤を提供する協業先を探しており、ノダとオーシカが応じた。同工法は、主に賃貸住宅ビルダーによる採用実績がある。増加する木造の賃貸住宅や木造非住宅物件における生活音対策として、24年5月からはSH-AONの名前で本格的にアパートメーカーや工務店への訴求を開始した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『プリファード洗足、全17戸中10戸に防音室を導入』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ