ナオス・テック、シートで傷を直す新工法

ナオス・テック

インタビュー|2024年06月11日

  • twitter

ナオスシート補修工法の作業工程

 床材などを展開するナオス・テック(東京都墨田区)は「ナオスシート補修工法」の取り扱いを、6月から本格的に開始する。フローリングの新しい補修サービスについて佐藤喜政代表取締役兼会長に話を聞いた。

建具のイメチェンも可能

―新しい工法とは、どのようなものなのでしょうか。

 佐藤 独立行政法人都市再生機構(神奈川県横浜市)と開発した、シートフローリングの全く新しい補修工法です。

 引き渡し前の物件では、自主検査によって床や建具に傷があることを確認した場合、「リペア」を入れます。これはある種ルーティン化された作業工程です。この作業において補修箇所に「シート」を上貼りするだけで色、つやはもちろん、表面物性を変えずに床の傷を直すことができるのがナオスシート補修工法です。

―これまでのリペアとどのような違いがありますか。

 佐藤 これまでの工法、補修内容については疑問や違和感をずっと持っていました。

 リペアは補修専用の充填(じゅうてん)剤や塗料により「傷を目立たなくする」工法であり、「元どおりに戻す」わけではありません。「一時的なごまかし」が目的であるため、どうしても耐久面での不安は拭えません。作業者の技術によって仕上がりの差も大きく、色の違いや補修箇所の経年変化などによる二次クレームも多くありました。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ナオス・テック、切って張るだけの床張りシート』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ