覚えておくと便利な不動産用語

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.126

その他|2022年01月21日

  • twitter

 アロハ。ハワイからこんにちは。

 今回は、アメリカ不動産投資に興味を持った人が英文で書かれた物件資料を効率よく読み解く際に、知っておくと便利な不動産用語を9個厳選して説明していきます。

米国不動産取引に必要な英単語9選

①GOI(ジーオーアイ)。Gross Operating Incomeのことで、「総収入」と訳します。主に家賃収入+駐車場代などの雑収入を全て含めるのが一般的です。

②NOI(エヌオーアイ)。Net Operating Income。よく用いられる指標の一つで、収入から実際に発生した経費を差し引いて求められる「純収益」のことです。

③CapRate(キャップレート)。正式表記はCapitalization Rate。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『オアフ島の住宅売買事情』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  4. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ