不動産業界、紙での契約 依然主流

アドビ

データ|2022年03月19日

  • twitter

 ソフトウエアの開発を行うアドビ(東京都品川区)は1月、業務のデジタル化をテーマにしたアンケートをビジネスマン向けに実施した。業種ごとの設問では、不動産業界が最も契約書類に紙を使用しているという結果になった。

アドビが業界別アンケートを実施

 契約書などの重要書類を紙で処理する割合として、70%を超えた業種が「不動産業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「卸売り・小売業」の3つだった。特に不動産業は約73%でトップとなり、電子署名を含めたデジタル書類でのやりとりが最も遅れていることを示した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『【賃貸仲介会社の経営分析】重説、入居申し込みそれぞれで電子化進める2社と電子化検討中の1社を取材』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ