鈴茂器工、すしロボットで海外売上高が全体の23%超

【連載】千葉明の株式教室 No.322

投資|2022年03月23日

  • twitter

 かつて街のすし店の値札には、「時価」と書かれた品が多かった。「並一人前」くらいしか注文のしようがなかった。そんな状況に革命をもたらしてくれたのが、回転ずし。もっと正確にいえば鈴茂器工(東京都練馬区:6405)が開発した世界初の「寿司ロボット」の存在だった。すしロボットの普及が回転ずし店のチェーン化を進め、すしは「特別なときの食べもの」から解放された。

 鈴茂器工が寿司ロボットの第1号を開発したのは1981年10月。鈴茂器工は61年に、故鈴木喜作氏により設立された製菓機械メーカー。「もなかあん充塡機」などをつくっていたという。もなかにあんを入れる機械という企業文化を継続していた。その後、寿司ロボットを開発後、その改良や改善の道を歩み現在の基礎を築いていった。前3月期で手がける商品の売り先は国内向け売上高比率でみると、「スーパー:36%強」「すし店:25%弱」「工場・給食:14%弱」「レストラン・食堂:11%弱」「テークアウト・宅配:11%弱」という具合。前期でみると、総売上高の23.4%を海外が占めている。健康食=すしが背中を押している結果だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アルファポリス、電子出版物増を背景に連続増益』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ