鈴茂器工、すしロボットで海外売上高が全体の23%超

【連載】千葉明の株式教室 No.322

投資|2022年03月23日

  • twitter

 かつて街のすし店の値札には、「時価」と書かれた品が多かった。「並一人前」くらいしか注文のしようがなかった。そんな状況に革命をもたらしてくれたのが、回転ずし。もっと正確にいえば鈴茂器工(東京都練馬区:6405)が開発した世界初の「寿司ロボット」の存在だった。すしロボットの普及が回転ずし店のチェーン化を進め、すしは「特別なときの食べもの」から解放された。

 鈴茂器工が寿司ロボットの第1号を開発したのは1981年10月。鈴茂器工は61年に、故鈴木喜作氏により設立された製菓機械メーカー。「もなかあん充塡機」などをつくっていたという。もなかにあんを入れる機械という企業文化を継続していた。その後、寿司ロボットを開発後、その改良や改善の道を歩み現在の基礎を築いていった。前3月期で手がける商品の売り先は国内向け売上高比率でみると、「スーパー:36%強」「すし店:25%弱」「工場・給食:14%弱」「レストラン・食堂:11%弱」「テークアウト・宅配:11%弱」という具合。前期でみると、総売上高の23.4%を海外が占めている。健康食=すしが背中を押している結果だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アルファポリス、電子出版物増を背景に連続増益』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ