相続支援でつなぐ家主との信頼 ~前編~

三好不動産,アミックス,東京アプレイザル

管理・仲介業|2022年06月03日

  • twitter

 管理会社にとって、オーナーの相続はビジネス上で重要なターニングポイントになる。相続をきっかけに管理替えされてしまうことは少なくない。その一方で次世代のオーナーの信頼を得て、さらなる管理受託につなげる管理会社もいる。腰を据えて取り組むことで、相続は管理会社にとって新たなビジネスチャンスになるだろう。各社の相続支援の取り組みを取材した。

セミナーで集客、相続相談年500件超

三好不動産、家族信託組成を支援

子ども世代と面識持つ機会に

 約3万9600戸(4月末時点)を管理する三好不動産(福岡市)は、2006年から家主向けの相続コンサルティングに力を入れ、家族信託・遺言書作成ともに毎月約2件は取り扱っているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【相続支援でつなぐ家主との信頼[前編][後編]】

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ