三井物産デジタル・アセットマネジメント、住宅をデジタル証券化

三井物産デジタル・アセットマネジメント

ニュース|2022年06月10日

  • twitter

三井物産DAがデジタル証券化した賃貸マンション

 三井物産グループの三井物産デジタル・アセットマネジメント(以下、三井物産DA:東京都中央区)は1日、賃貸住宅を対象に、デジタル証券化ファンドである「不動産STO(セキュリティー・トークン・オファリング)」の公募を開始した。不動産STOとは、不動産を裏付け資産としたデジタル証券のセキュリティー・トークンを発行すること。

5000億円の運用規模目指す

 同社での不動産STOは3件目だが、住宅の案件は初となる。東京都内の賃貸マンション3棟を信託受益権化し運用。発行額は18億1900万円。予想配当利回りは3.3%で、運用期間は7年間だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『三井物産グループ、不動産STO第1弾で7億6000万円をデジタル証券で調達』

検索

アクセスランキング

  1. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  2. 不動産広告10年ぶりの大改正、徒歩分数の距離表示規則改定【クローズアップ】

    不動産公正取引協議会連合会,公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

  3. 2023年、民泊参入規制緩和へ

    国土交通省

  4. 【解説】家賃減額、争点は妥当性の証明

    レオパレス21,東京カンテイ

  5. 賃貸に使えるペットも喜ぶ便利アイテム

    アクセルラボ,NEC,ウシヤマ電機,フロム工業,中西金属工業,Passage(パッセージ),アットホーム,LIFULL(ライフル)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ