2022年管理戸数ランキング1位~50位

2022年管理戸数ランキング

ランキング|2022年08月15日

  • twitter

2022年管理戸数ランキングタイトル

 「管理戸数ランキング2022年」は200戸以上の賃貸管理を行う全国の1083社が名を連ねた。上位で躍進が目立ったのは、築古物件の管理に力を入れる会社だ。リーシングに苦しむ既存物件の収益化が商機となる。今回、ランキングの特集では、管理戸数を伸ばした不動産会社の「受託営業」にフォーカスした。「管理戸数が増えた理由」の回答では、「新規オーナーの開拓営業」が51.1%、「既存オーナーへの提案強化」が49.8%とほぼ並んだ。新規開拓と既存営業、両輪の施策が必要になっており、管理拡大の競争は激化していきそうだ。

2022年管理戸数ランキング1位
2022年管理戸数ランキング2位
2022年管理戸数ランキング3位
2022年管理戸数ランキング4位.jpg
2022年管理戸数ランキング5位
2022年管理戸数ランキング6位
2022年管理戸数ランキング7位
2022年管理戸数ランキング8位
2022年管理戸数ランキング9位
2022年管理戸数ランキング10位

首位の大東建託 120万戸到達 眠れる賃貸を管理で生かせ

 22年の管理戸数ンキング、盤石の1位は大東建託グループ(東京都港区)で、戸数はついに120万戸を超えた。

 上位10社のうち、9位までの順位に変動はなく、大手建築系管理会社の強さが安定している。

 そうした中、10位にランクインしたのがJPMC(ジェイピーエムシー:東京都千代田区)で、前回より三つ順位を上げた。もう1社、大きく上位に食い込んだのが、武蔵コーポレーション(さいたま市)で、順位を18伸ばし、42位となった。両社ともに既存物件、特に築古物件の管理に強みを持つ会社だ。

 新築の管理受託のシェアを大手が占める中、空室に苦しむ築古物件の収益性を高められる管理会社は、伸びしろを見いだせるだろう。眠れる賃貸住宅を管理で生かす賃貸ビジネスの可能性に期待していきたい。

2022年管理戸数ランキング11位~50位

(2022年8月15日1面に掲載)

■2022年管理戸数ランキング 次は51位~149位
1~50位】 【51位~149位】 【150位~274位】 【275位~399位】 【399位~497位】【501位~596位】 【597位~692位】【693位~788位】 【789位~882位】 【885位~981位】 【981位~1079
■関連記事
『11位長谷工、42位武蔵コーポ、45位日本財託の管理増の理由【管理戸数ランキング2022】』

databook2021to2022.jpg

管理戸数ランキングをもっと詳しく知りたい!「賃貸管理市場データブック2022-2023」

管理戸数ランキング1083社を全て掲載!また、データブックだけの独自調査で、管理戸数やエリア別に傾向を探ります。社員1人あたりの管理戸数やマスターリース比率まで、掲載したグラフや表は600以上。管理市場を読み解くための1冊です。

詳細はこちら
https://trend.zenchin-fair.com/archives/9063

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ