【今後賃貸住宅に導入したい!注目設備・サービス】遠隔操作、非接触がトレンド

Qrio(キュリオ),LiveSmart(リブスマート),ライナフ,アマゾンジャパン,ヤマト運輸,アスクル,西濃運輸,DOORCOM(ドアコム),DXYZ(ディクシーズ)

商品|2022年10月17日

  • twitter

 今号の「入居者に人気の設備ランキング」では、インターネットやインターホンなどおなじみの設備がランクインした。その一方で、スマートロックやIoTサービスなどの設備を導入する事例も増えている。本特集では賃貸住宅で需要が伸びつつある注目の設備を4種、紹介する。

鍵管理を一元化

 個人宅用スマートロックを累計25万台以上販売するQrio(キュリオ:東京都渋谷区)では、2月より簡易施工で取り付け可能なスマートロック「Qrio LockR(ロックアール)」と「Qrio Pad(パッド)R」を、不動産管理会社に提供している。

 玄関扉の錠前部分に固定して設置するスマートロックだ。専用アプリを使い、スマートフォンから鍵を開閉することができる。暗証番号での解錠設定、オートロック機能も搭載。オプションで、リモコンキーやカードキーを付けることもできる。標準価格は、Qrio Lock RとQrio Pad Rのセットで6万6000円(税込み)だ。

 従来の商品とは異なり、管理システム「Roomon(ルーモン)」と連携することで、鍵管理の一元化を実現できる点が特長だ。Roomonで一時的な解錠キーを発行可能なため、内見希望者や工事事業者の入退室の際に物理鍵の手配が不要となる。入退去時の鍵の受け渡しもシステム上で完結。不動産会社の抱える鍵管理の手間とリスクを解消できることが強みだ。

Qrio Lock Rの製品画像

Qrio Lock Rの製品画像(Qrio)

アプリで家電操作

 ホームハブとサービスプラットホームの開発・販売を行うLiveSmart(リブスマート:東京都港区)は、2020年よりスマートホームハブ「LS Mini Next(エルエスミニネクスト)」を販売している。

 同商品は赤外線リモコンを使用する家電や、玄関錠、太陽光発電などの住宅設備の操作を、スマホアプリやスマートスピーカーで可能にする。国産メーカーで設けられている規格である「ECHONET Lite(エコーネットライト)」に適合する設備が対象だ。コンセントに差し込むことで起動し、Wi-fiや近距離無線通信「ブルートゥース」などを通して操作する。温度・照度センサーを本体に内蔵しているため、空調や照明を利用する際の条件を設定すれば、自動で起動・停止することもできる。スマートホーム化による付加価値向上のため、賃貸オーナーや不動産会社、分譲マンションを手がけるデベロッパーからの引き合いが多い。

LS Mini Next の製品画像

LS Mini Next の製品画像(LiveSmart)

 ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)物件の設備としても提供を進めている。LS Mini Nextは、電気使用量を見える化したり住宅設備の制御が行える「HEMS(ヘムス)コントローラー」の認証を取得した。ハウスメーカーやデベロッパーより反響があるという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『在宅勤務増で無料インターネットの要望急上昇【人気設備ランキング2022】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ