BluAge、部屋探しアプリCANARY、12億円調達

BluAge(ブルーエイジ)

その他|2021年10月26日

  • twitter

アプリ内で内見予約まで完結できる

 部屋探しアプリ「CANARY(カナリー)」を展開するBluAge(ブルーエイジ:東京都千代田区)は9月、ベンチャーキャピタルなどから12億円の資金調達を実施したことを発表した。

PR強化で月間ダウンロード数30万件見込む

 調達した資金は人材増強とマーケティングに充てていく予定。人材面では、従業員を1年前の40人程度から、現在は採用予定を含め75人まで増員している。今後は2022年4月までにエンジニア、営業、マーケティング、コーポレート部門で合計100人まで増やす計画だ。マーケティング面では年明けにもテレビCMを一部地域を除いた全国区で放映する予定で、サービスの認知とアプリダウンロード数の増加を狙う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『企業研究vol.103 BluAge 佐々木 拓輝 社長【トップインタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ