火災保険制度改定による賃貸現場への影響①

【連載】管理の現場で役立つ保険アカデミー 第11回

法律・制度|2022年11月16日

  • twitter

 2022年10月、火災保険料率・制度改定が実施されました。21年1月に引き続き、全国的に大幅な保険料の値上げとなりましたが、今回はそれだけではありません。制度そのものが大きく変わったのです。これによる影響は、実は管理の現場にも無関係ではありません。

 どのように変わり、どんな影響があるのかを理解しておく必要があるようです。

管理会社、売掛金回収が長期化

制度の改定で何が変わったのか

 管理現場の視点で見た今回の制度改定の最大の変更点は、ズバリ「保険金の後払い」ではないでしょうか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸管理に火災保険を活用③』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ