日本エスコン、認知症支援事業がESG投資で高評価

【連載】千葉明の株式教室 No.316

投資|2021年09月24日

  • twitter

 日本エスコン(東京都港区:8892、12月期)。不動産賃貸事業・不動産販売事業を両輪に不動産事業を、さらにREIT(リート)事業も手がける。

 新型コロナウイルスの影響下にあり、今期計画「3.5%増収(800億円)」も「11.5%の営業減益(108億円)」に見て取れる。しかし、本稿作成中の時価は700円台半ば。年初来高値827円(1月)から同安値721円(2月)まで水準を下げるも、下値の堅さを示している。底堅い株価に関しては「機関投資家のESG(イーエスジー)投資の結果」とする指摘が強い。

 ESGは「環境」「社会」「企業統治」を意味する英語の頭文字。「業績だけではなく、環境や人権などの問題にどれだけ企業が取り組んでいるかを考慮した投資基準」。今、どんな企業がESG投資の対象になっているのかを複数の生命保険の資産運用者に聞いたところ「日本エスコン」を耳にした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ