シーラ、塗装業のFC事業を買収

シーラ

投資|2024年01月14日

  • twitter

シーラの湯藤社長(右)とETPの毛内社長

 投資用不動産の開発を行うシーラ(東京都渋谷区)は2023年11月22日、塗装事業を手がけるETP(イーティーピー:福岡市)の塗装フランチャイズチェーン(FC)事業を譲り受けたと発表した。

内製化による競争力向上狙う

 ETPは「スターペイント」の名称で、福岡県を中心とした全国で13店舗を展開してきた。事業譲渡によって、ETPの毛内將元社長はシーラのデザインコンストラクション本部ペイントFC事業チームのマネージャーに就任する。

 塗装FC獲得により、シーラは塗装業に参入するほか、シーラが展開する高齢者向けのIoT賃貸「シニアテックマンション」の戸建て向けリフォームも開始。自宅を「ついのすみか」としてリフォームしたい需要に応える。

 塗装を内製化することで、主力事業である収益不動産開発における費用削減も見込む。削減分は物件のグレードアップに充て、競争力を高めていく。

 シーラの湯藤善行社長は「塗装の内製化で可能な建築費のコストカットは数%程度だ。今後、他部門の内製化も行い、コスト削減を進める。それにより、意図したデザインの実現といった効果も表れる」と期待する。

(2024年1月15日2面に掲載)

おすすめ記事▶『シーラ、高齢者向けIoT賃貸を推進』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ