アマゾンドットコム、最新IoTを賃貸に提供

アマゾンドットコム

商品|2024年01月15日

  • twitter

Alexaを搭載したディスプレー端末

  アマゾンドットコム(アメリカ・ワシントン州)は、AI(人工知能)による音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」を日本でビジネス向けに提供するサービスを2023年12月4日から開始した。

管理業務も効率化

 サービス名は「Alexa Smart Properties(アレクサ・スマート・プロパティ)」。賃貸マンションのほか、老人ホームやホテルなど、各施設に合わせてカスタマイズし、実装することが可能となる。

 賃貸マンション向けの日本初の事例として、大東建託グループで投資用マンション事業を手がけるインヴァランス(東京都渋谷区)は、自社が管理する賃貸マンション「CREVISTA(クレヴィスタ)品川西大井Ⅲ」に、同サービスを採用した。

 同マンションでは、Alexaを搭載したディスプレー端末の「Echo Show(エコーショー)15」を各住戸に設置している。

 それに加えて、IoT機器などの開発を行うアクセルラボ(東京都新宿区)が提供するスマートホームサービス「SpaceCore(スペース・コア)」も導入。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『シーンに合わせて家電稼働【在宅時間を快適に スマートホームサービス】』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ